大惨事を回避する秘訣/ FX損益1/20結果-48,166円

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:未分類

爆笑問題の田中裕二氏が、くも膜下出血で救急搬送されたというニュースが入ってきました。

 

ニュースと天気予報以外ほとんど地上波テレビを見ていない私には、正直最近のご活躍に関して一切知識がありません。
もう随分昔に何回か深夜ラジオを聞いたことがある程度です。
報道によると2桁にのぼるレギュラー番組を持っているそうですね。
というか、紅白歌合戦にも出てたんですか。言われてみれば紅白ももう何年も見ていません。

 

病院についた時点で脳梗塞が起きていたとかで、発見が遅れていたら深刻な障害が残っていたかもしれません。
発見の早さと躊躇のない救急車で大事に至らずに済んだようです。

 

私が背筋を寒くしたのは、彼が脳をすごく気遣っていたことです。

 

最近の田中氏はボケというか、自分で話していた事を理解していない事が増えていたそうです。
その流れで彼は、毎年脳の検査をしていると話していました。
もう60が見えてきた年齢で、少々物覚えが悪くなってきても、普通はご愛嬌というか歳のせいで流してしまいがちです。
それを田中氏は流したりせず、油断なく毎年脳ドックに行っていたというのです。

 

田中氏は以前新型コロナに感染したそうです。
コロナは血管を傷つけるそうで、ごく初期に武漢で出ていたコロナによる突然死はこの傷ついた血管から血栓ができての脳梗塞が原因だろうとも言われています。
彼がかねて脳梗塞リスクを用心していたのも、この報道があればこそなのかもしれません。

 

皆さんはここまで健康に気を使っていますか?
私はここまではつかっていません。

 

その田中氏にしてこの結果です。
いや、むしろこの田中氏だったからこそ大事に至らず済んだというべきなのでしょうか。

 

不幸なアクシデントというものはどんなに気をつけようがやってきます。
完全には避けることはできません。
今回のことでそれを改めて思い知らされた気がします。
ですが、日々の用心と起こったときの準備で被害を軽減することは出来るのでしょう。

 

怖いねーで済まさず、貴重な教訓として我が身に活かすことを考えるべきでしょう。
私もまずは痩せて糖尿病リスクを減らすことを考えます。