その判断で間違いないか?/ FX損益1/25結果+3,138円

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:未分類

 

報道によると、新型コロナワクチンの第一弾として米ファイザー社の製品1万回分が2月中旬に日本に到着する見通しだそうです。
これが3月の頭あたりに予定されている医療関係者への接種分なのでしょう。

政府発表だとたしか、6月中に全国民分のワクチンを確保「に向けて調整中」だったかと思います。
少し前だと5月中に一般接種したい だったはずですが、じわじわと時期が後退していってるのが気になります。
外国とのワクチン確保の綱引きでもあるのでしょうか。
何処だってまず自国の分を確保したいのが人情ですし、仕方ないといえば仕方ないのかもしれません。

 

ちなみに現在もっともワクチン接種が進んでいるとされるイスラエルですが、期待されたほどには陽性者が減っていないそうです。
新規患者の4割がイギリス型の変異ウイルスだと報道されています。
まだはっきりとしたデータはありませんが、変異種に対しては対応しきれていないのかもしれません。
あるいは同じレベルで効いているけど、変異種の感染率7割増のせいで効いていないように見えるのかもしれません。
いずれにしろ素人にはよく分かりません。

 

これを聞いてワクチン接種に二の足を踏みますか?

 

リスクとリターンの評価は人それぞれなので私に口をさしはさむ権利はありません。
それでも私個人としては、順番が回ってきたら射つつもりです。
今のところ重大な副作用は出ていませんし、オリジナル(武漢株?)に効果があるのは事実なのですから。
私はリターンのほうが大きいと判断します。

 

変異種といえば、南アフリカで5割増の感染力を持つ変異型ウイルスが見つかったそうです。
従来のものに比べ特に重症化しやすいとかいった事はないにしろ、今後どう変化していくかは誰にもわかりません。
対応策が確立するまでは水際防御を徹底してほしいものです。

 

 

二階政権はこれっぽっちも防御する気はないようですが…
まだ世界中で代表選考すら進んでいない状態で、当たり前のようにロックダウンがみられる状況で、本当に五輪が出来ると思ってるんでしょうか?
7月までのワクチン接種のメドすら立っていない状況で、世界中のコロナ変異種をノーガードで素通りさせる気なんでしょうか?

 

FXだってあきらかにヤバいときは取引を控えるもんですが、ひょっとして森喜朗氏は世界中のコロナを集結させる行為をリスクだなんて思ってないのでしょうか?

 

ホントに勘弁してほしいです…