完走する為のコントロール/ FX損益1/26結果+6,390円

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:未分類

本日の運動、ストレッチとスクワット30回3セット。
まぁ、いい歳したおじさんなのでこの程度で勘弁してください。

 

減量生活も2週間め、運動のほうはそこそこ軌道に乗ってきました。
別にムキムキになろうとかは考えていないので、筋肉がカロリーを食ってくれればそれでいいか程度の負荷です。
それに50近くになると、体が弱ってきたゆえの問題が色々と出る訳ですよ。
肩痛や腰痛が起こるのも血行が悪くなるからですし、足腰が弱ってくると階段を登るのもキツくなってきます。
いや、笑い事ではありませんよ?
貴方もいずれ体験して愕然とする日が来ます。間違いなく。

 

なので、筋力と柔軟性を維持し続けるのはほんとに重要になってきます。
皆さんも若いころから気を使ったほうがいいです。

 

もう一方の柱である食事です。

 

私はプリンだとかポテチだとかのお菓子も大好きでよく食べていた一人です。
三度の食事も、コロッケや空揚げなど手軽な揚げ物の総菜やフライパンで炒めればOKのパック焼肉などを愛用していました。
改めないといけません。

 

タンパク質は大豆や豆、脂身のすくない鳥肉に切り替えました。
野菜たっぷりの鍋ものや野菜スープにします。
スープの味を変えれば多少使いまわしもききます。

 

また、サバの水煮缶を頂いたので重宝しております。
味噌を落としたりしょうが醤油で煮込んだり焼いたり、様々に食べられます。
わりと油ものなしでもなんとかなっています。

 

米はマンナンと麦を混ぜて炊いています。
マンナンは言わずもがな、ダイエットご用達の食品です。
一方麦のほうも、糖質や脂質の吸収を抑える効果があります。
血糖値をおさえる効果があるので、糖尿病持ちの私にはありがたいです。

 

マンナンや麦は味や触感で物足りないとする向きもあります。
たしかにマンナンは水を入れすぎたごはんのように歯ごたえが弱く、麦は逆に水が足りないごはんみたいに固めです。
ならば混ぜればちょうどよくなるんじゃないか?

 

そう上手くはいきませんでしたが、麦の歯ごたえにひっぱられて悪くない感じになりました。
米2:麦1:マンナン1からはじめて今は米1:麦1:マンナン1の割合で炊いています。
もうちょっと麦の割合を増やしてもいけそうです。

 

もちろん幾らカロリーを抑えても量を食べてしまっては意味がありません。
ですがこれがわりと腹持ちがいいんです。
腹持ちだけならコメだけのごはんより良いかもしれません。
意外と間食もしないようになったほどです。

 

運動にしても食事にしても長期戦なので、無理をしては続きません。
もうちょっといける、くらいの我慢を続けるのが完走を続ける秘訣でしょうか。

 

皆さんもダイエットとか禁煙とか、いきなり完璧を求めるのではなく段階を刻んでやっていくのがいいんじゃないでしょうか。