また面会中止になりました/4/12-16FX損益 +11,817円

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:未分類

先月、オリンピックの聖火リレーに間に合わせるかのように緊急事態宣言を終了してから2週間ばかり。
終了したそばから早速感染爆発しています。
今回はセンバツ高校野球で全国から人が集まっていた甲子園のある関西圏が中心ですね。
甲子園自体は理想的な蔓延防止策の施された満点の大会なんて言われていましたから関係ないんでしょうけど、いったいどこからかんせんがひろまったんでしょうかね?

 

イヤミは置いといて、実際阪神以外でも感染爆発しているところは幾つもあります。
福岡、宮城など周辺にくらべて感染者が突出している地域もあり、まさか本当にホークスやイーグルスのある野球に関連してるんではと思わないこともありません。
まぁ、なんの根拠もない風評を広げる気もないので、全くわからないという事にしておきますが。

 

この事態に際し各県はこぞって「蔓延防止等重点措置」なるものを要請しています。
この通称マンボウ、緊急事態宣言と一体何が違うのか、見比べてみてもよく分かりません。
ステージ3から発動できる・時短命令はできるが休業までは命じれない・罰則が10万少ないなど。
一応ひとまわり小型とはなっていますが、実際の運用ではほぼ緊急事態宣言に準じたものになっています。

 

緊急事態が開けてすぐもう一度緊急事態宣言するのは体裁が悪いから、ほんのちょっと名称を変えて同じことをするいつもの「政治的判断」のようにしか見えないんですけどね。
まぁド素人の個人的な感想です。
それに、やらないよりはやったほうが多少はマシなのも確かでしょう。

 

しかし、日本は今眠気覚ましと栄養ドリンク浸けでもうドリンク抜きでは動けない体になった漫画家みたいな事になっています。
正直なんの策も伴わない掛け声だけでどうにかなるのか甚だあやしいところです。

 

さて、こういったコロナまみれの情勢は、我が町のようなコロナがまったく入ってこない珍しい地域にも無関係という訳にはいきません。
母が入所している老人ホームでも、月曜からまた面会が中止になります。
世に行われているマンボウの期間が大体一ヶ月だそうですので、それに倣うなら最低一ヶ月はまた顔見世にいく事ができなくなります。
ゴールデンウイークにかかるので、祖父や祖母の顔を見に帰省するといったことはできなくなるでしょう。
勿論それを狙っての期間設定なのでしょうが。

 

私のように近くに済んでいる者はまだいいのですが、普段遠方にいて連休などにしか来れない方々にとっては厳しい話です。
もう1年あまり面会がこない人だっているでしょう。
流石に命と引き換えには出来ないかもしれませんが、お年寄りにとっては悲しいことです。

 

今回の措置は急遽決まったらしくて、手紙は出したが間に合わないだろうからという事で携帯のほうに連絡が入りました。
現場が本当に大変なことになっているのはお察しします。
私にできることは、今日明日のあいだに面会にいって母にたっぷり顔をみせておく事くらいです。

今年の母の日は、それで勘弁してもらいます。